FC2ブログ

    スポンサーサイト

    --/--/-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    2人が一緒に暮らすまで【3】Uのケース・断捨離道

    2011/11/23 Wed

    はいはいはい。
    つぐ から バトンタッチ Uでございますです。

    独り暮らしの気ままな自由空間におさらばして、東京のつぐ家へ、輿入れする事になった約4年前。

    自分じゃない人と一緒に、四六時中一緒に暮らすこと。
    ふたりで住むとはそういうこと。

    そんな精神的な話は、今回はなし。

    それ以前に、一緒に住むには、引越しが先よ荷物整理よ

    ということで、いよいよ引越しが一ヶ月後と迫った頃から始まった私の断捨離。

    ぐるりと家の中を見回すと・・・割とあるもんですね


    その時の私の家は、1DK。そこにおさまってた荷物は、

    大型なもの
    冷蔵庫
    洗濯機
    電子レンジ
    オーブントースター
    ベットとマットに布団
    テレビ台と14インチテレビ
    パソコン(持っていく)
    プリンター(持っていく)
    掃除機
    大きめのテーブル
    カラーボックス

    小型なもの
    ダイエット器具(電動自転車こぎ器。笑)
    ひとりがけのかわいい赤いソファー
    押し入れで服を入れていた無印のクリアケース6個(持っていく)
    木製で揃えていたハンガー類(持っていく)
    化粧品等の美容関係(美顔器とかね。)(持っていく)
    大量の本等紙類

    台所・水回り用品
    使い込んでたフライパン、鍋類、刃物系
    独り暮らしにしては多かった食器類
    一度も使ってなかった引き出物系の食器類
    調味料関係
    洗面用具関係

    といった感じ。まぁ、これは、他の独り暮らしの人もそうだよね。
    むしろ少ないくらい?・・・でもないか。(笑)

    そもそもお買い物好きな エコとはほぼ無関係な生活を送る私が
    上記程度の荷物量だったのは、お洋服はもちろん、鞄に靴、家具もとにかく季節ごとに入れ替えたい。という生活スタイルが功を奏したわけで。(年のせいか最近物欲がなくなってますが。)

    そんな恐ろしい生活形態だったので、断舎利が流行る以前から
    物を捨てることには何にも抵抗がなかったわけなんだけど。

    さ、ここは引っ越すわけだし、ぜーんぶ捨てちゃって、心機一転
    新しいものに揃えちゃおうくらいの勢いな訳です。


    ・・・おいおい。
    ここまで書いてると、私ってば、本当に人でなし、ろくでなしじゃないですか。
    バブルはじけても、まだ時代に乗り遅れてる感じじゃないですか。

    ここは、自分をフォローするためにも(爆)「ただ、捨てる」ではない方法を
    とったことを書いていきますよ。(笑)



    まず、大型商品は、mixiの「これ譲ります」コミュに出しました。
    あと、ネット上にちらばる「これ譲ります。」サイトへも投稿。

    この時、快く引き受けていただくために必要なこと。

    商品画像を掲載すること。
    汚れや傷がある場合は、そこをアップにした写真もほしい。
    商品サイズをしっかりかくこと
    商品の型番やメーカーなどがわかればそれも記載する
    送る場合は大体の送料
    引き渡せる時期(冷蔵庫とかすぐ渡すと生活できませんからね。笑)
    取りに来てもらう場合の条件も書くこと(EVあります、とか)

    これだけ記載して、ひきとっていただくわけです。
    もちろん、引き取っていただく前にはきちんと掃除するので、結構手間暇かかります。

    こうして、テレビ台、テーブル、ソファーやダイエット器具たち
    冷蔵庫や電子レンジもその後続けてもらってもらうことになりましたが、
    引き取りに来ていただくことになった日に合わせて、こんなことをしました。

    たくさん持っていた、食器たちを、セットにしてヒモでくくり、
    さながら、フリーマーケットのように、家のリビングに、並べておきました。

    たとえば、お皿5枚セット、たとえばカレー皿とスプーンのセット、
    ワイングラスとガラス皿のセット、などなど。

    mixiや、掲示板で、電子レンジや掃除機などを引き取りに来てくださることになったのは、
    少し遠方から車でやってくるお母さんたちだったので、こんなことをしたんです。

    おうちに荷物を取りに来てくださった時、お子さんを一緒に連れて来るという
    事だったので、子どもさんを中に招きいれながら、お菓子を手渡し、

    「よかったら、ここにある食器類も、気に入ったものがあったら持って行って
    くださいねー」なんて。(笑)

    女ってね、よっぽどのことがないと、タダのものはもらいたいものなんだと思うわけ。

    子どもが、もらったお菓子を食べながら、かわいい食器を物色すると特に一緒に見ちゃう。
    女の子のお子さんだったりすると、花柄の絵皿とか気に入っちゃうわけ。

    で、いくつかの食器や蒸し器なんかは、この時に処分することができました。

    次に、本です。ブックオフに売っても良かったんだけど、どうせなら、と
    まとめて、養護施設に寄付することにしました。

    まず、市内の養護施設(両親がいない子どもたちがいるところを重点的に)へ
    電話をして「今度引越しをするので、よろしければ状態の良い本を寄付したいのですが
    いかがでしょうか。」と電話をしました。

    大好きで集めていた某コバルト文庫のシリーズ本なんて、そりゃもう喜ばれましたよ。
    どこの施設でも同じかどうかはわかりませんが、少なくともその当時は喜んでいただけました。

    それが終わったら今度は、マンションの1階に入っていた「デイケア施設」を訪ねました。

    デイケア施設は、小規模なところがあるんですね。
    大手ではなく、小規模な施設は、予算もなくお金はもちろん事務用机や棚なんかが
    足りなかったりするところもあるみたいなんですよね。

    その時訪ねたデイケア施設も、そうでした。
    そこで「今度引越しをするので、テレビ台やカラーボックス、電子レンジなどが不要に
    なったのですが、まだまだ十分使えますので、よろしければお使いになられませんか。」

    責任者の方がまずは見に来て、これとこれがほしい、と決定。
    で、男の子のスタッフがそれを取りにやってきました。はい、さようなら。

    こうして部屋の中の大型荷物がほとんどなくなりました。

    最後まで苦労したのが、ベット。大きい。重い。ということで、問合せがあれど
    引き取り手がありませんでした。残念。

    ということで、引き取り業者にお願いして、処分となりました。
    さすがに自分の使っていたものを人が使うのは、、、とマットと布団も一緒に処分。
    でも、この3つだけの処分だったので、10000円くらいで抑えることができました。

    これで、当初の予定よりずっと少量の荷物になったので、2トントラックを
    あまらすほどにして、引越しすることができました。

    ということで、断舎利という言葉から、単に捨てる、と思いがちですが、
    捨てるよりも、工夫ひとつで、再活用ができるのかな、と思いました。

    。。。って買い物好きな私が言っても、あんまり重みがないかな(笑)

    さぁ、引越し準備が終わりました。遠路東京へ移動です



     つづく。
    関連記事


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    コメント

    Secret

    Twitter
    プロフィール
    つぐ&うみ

    つぐ&うみ

    最新記事
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    イカニモ会計事務所
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
    関連本&DVD
    検索フォーム
    このサイトを友達に教える
    ランキング
    お願い♪
    ↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    ブログランキング参加中!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。