スポンサーサイト

    --/--/-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    エリザベート@東宝 byU

    2015/07/19 Sun

    2015年6月25日、28日、7月8日、18日 の4回 東宝エリザベートを観てきました。

    mainpage00c.jpg

    キャストは(敬称略)

    2015年6月25日
    エリザキャスト150625
    蘭乃はな、井上芳雄、田代万里生、京本大我、剣 幸、山崎育三郎

    2015年6月28日
    エリザキャスト150628
    花總まり、城田 優、田代万里生、京本大我、剣 幸、山崎育三郎

    7月8日
    エリザキャスト150708
    花總まり、井上芳雄、佐藤隆紀、京本大我、香寿たつき、山崎育三郎

    7月18日
    エリザキャスト150718
    蘭乃はな、城田 優、佐藤隆紀、古川雄大、剣 幸、尾上松也

    でした。
    毎回満員御礼のこのエリザベートを4回も観劇できた幸運を
    神様に感謝します。←こんな時だけ(爆)


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check
    さて。
    ここからは「主観」満載のうみこ日記です。
    色々あると思いますが、あしからずご容赦くださいませ。

    CIWMJxQUAAAttIs.jpg

    ★エリザベート@蘭乃はなちゃん
    退団公演のエリザベートが抜群だったので、かなり期待大でした。
    結果的に宝塚の歌い方と通常の舞台の歌い方が違うせいなのか
    あの花組エリザの歌ではなかったと思います。

    1度目の観劇では、スタートしてすぐということがあったのか
    声がかすれて上ずったり、自信がないのか様子を見ながら歌っているかの
    ような弱弱しいところが要所要所に出ている感じで、手に汗を握りました。

    とても頑張っていたし、一生懸命だったのだけど、
    周りのキャストの方々も遠慮しているように思えてイマイチ入りきることが
    出来ず残念に思ってしまいました。

    そして今日4回目の観劇では、以前の弱弱しい様子を伺うような感じはなくなり
    声がかすれ気味ではあるんですが、しっかりと「演技」をするところまで来ていた
    ように感じたので、ほんと涙が出ました。もう親心のような感じです。(爆)

    一曲歌うごとに「よくやった!」と大きく拍手しました(爆)
    尊敬する花總さんの演技を脇からとても観ていたのだろうな、とか
    勉強しているんだろうな、頑張ってるんだろうな、というのが容易に想像できるほど
    蘭ちゃんの努力家なところが好きです。

    きっともっと場数を踏めば、間違いなくいい舞台女優さんになるんだろうな、と思います。
    よかったね、いい役が来て。よかったね、いいスタートが切れて。
    本当におめでとう。←親か。


    ★エリザベート@花總まり様
    待ちに待っていたお花様のエリザベート♡
    どれだけ焦がれていたことか!!!!
    私はお花様の大ファンです。
    誰が何と言おうが、松田聖子さんと同列に好きです(爆)

    天使だと思ってます。彼女は天使が落ちてきたのだと思ってます(爆)

    そんな花總さんのエリザベート。
    シシィとして、現れた瞬間から歓迎のあまり涙腺が緩み
    前がかすんで見えませんでした。(不覚)

    結論は、エリザベートの生まれ変わりだ、と確信しました。(痛い?爆)

    鏡の間の白いドレスのエリザの姿は、もう後光が見えましたから。
    痛いファンでしょうけど、彼女はシシィです。(まだ言う。爆)

    とにかく可愛い田舎のお嬢様。無邪気で可愛いシシィ時代。
    そこから籠の中に閉じ込められた自由な父親に憧れていたシシィは
    次第に無表情になっていくんです。

    大人になってもなお自分の自我とフランツに愛されていることと
    母親としてうまくやれていないことと、折り合いがつけられないエリザ。

    蘭ちゃんのエリザが、天真爛漫な少女がフランツを「好き」なまま苦悩し疲れてしまったとすれば
    お花様のエリザは、無邪気な子どもだったけど自我があって、自我を捨てられない自分に苦しむ感じがしました。

    ★トート@城田優さん
    ビジュアル勝ちとはこの人のことでしょう(爆)
    でかい。背が高いのもあるけど、何だかでかい(爆)
    口も手もでっかいから、小さいエリザの顔の横で、ニタリと笑って歌う姿や
    子ルドや、ルドルフに近づく姿を見ると「ひえーっ!食われるっ!(/ω\)」って感じ。
    ほんとにガブリと行きそうなんだもん。

    歌はミュージカルなんだけど、ちょっとロックみたいな感じがしました。
    アレンジが多いように思うからかな。声もいい声だしね。

    場の空気を読めてない感のエリザへの愛が、何ともわかってねーな、って感じ(笑)
    人間の「喜び」「悲しみ」「苦しみ」っていう感情が理解できなくて、
    「死を選ばせる」ことにのみ執着していて、そこにしか理解を示せない。
    「獲物きたー」的な。
    猫が小さい虫をおもちゃだと思ってじゃれてるうちに殺してしまう、的な(笑)

    ★トート@井上芳雄さん
    いや、王子だね。王子。トート閣下というより、黄泉の王子(笑)
    背は高くないけど、悪魔界の王子って感じ(笑)

    忠実に歌う歌声は素敵♡素敵としか言えない♡
    あの声よ、あれ。あれ反則(爆)

    城田トートは、尊大でそもそも他人の気持ちなんか理解できない怪物なんだけど
    井上トートは、若くてやんちゃでまだ人を(女を)知らないので、わかってない。って感じ(爆)

    ちょっかい出してる女が振り向いてくれなくて、なんでだかわからなくて、高飛車で
    かっこつけだから、ジタバタはしたくない、って感じがしたんですが違う?(笑)

    CIWMJvXUYAAIFHS.jpg

    ★フランツ@田代万里生さん
    若いから、違和感があったんですけど、さすがですよねー。
    あの目の見開き方だけで、気持ちがわかっちゃう。
    何度となく差しのべた手をエリザに足蹴にされちゃうところ。
    そのたびに、目を見開いて、差し出した手が宙を掻く・・・。可哀想すぎて号泣。

    しかし、なんつっても童顔。私的にはフランツよりルドルフかなー。(爆)


    ★フランツ@佐藤隆紀さん
    初めて拝見した佐藤さんは、第一印象は「声が素敵♡」
    歌もうまいし声が色っぽい。すごく伸びるし耳触りもいいし素敵♡
    執務室で謁見する最初のシーンから、立ち上がった時、思わず「ちっちゃ!」と
    思ってしまったのはごめんなさい(爆)

    だって、肩幅の割に小さかったんだもん。えらいガタイのいい兄ちゃんでした。(爆)

    田代さんに比べて硬いなーと思うところはあったんですが、シシィと出会うところとか
    何だかこぉ初々しいんですよ!なんだろ、はにかむなよ、このこのっって感じ(笑)

    ★ルキーニ@山崎育三郎さん
    初めて拝見しました。ファンになりました。もうファンです(爆)
    恐ろしく歌もうまいし演技もすごい。パフォーマーです。
    すごいな、すごい。圧倒的です。こんなルキーニ見たことない。
    今までのルキーニとは違うんですよ。何というか、調子ノリのチンピラ(笑)
    道化役というのがまさにぴったりという感じでした。

    歌声が誰ともかぶらず、とても聞き取りやすくて、よい。
    あの役をあのテンションで、あのクオリティでやれるってすごくないですか?
    だれ、あれ?!( ゚Д゚) って感じでした。

    ★ルキーニ@尾上松也さん
    歌舞伎役者ってなんでもするのねぇ。という感想(笑)
    歌も歌えるんだ、すげー。みたいな。
    たしかに、ちょっと歌舞伎っぽい感じでしたけど(笑)あの役が出来ちゃうんだ。みたいな。

    山崎ルキーニが、チンピラで、躍動感に溢れた道化役。
    尾上ルキーニは、不良で、ちょっと動くのが面倒って感じ?(爆)

    CKMlcIcUYAEnjOb.jpg

    ★ルドルフ@古川雄大さん
    麗しい王子よ、美しいシーンをありがとう。と言いたくなる感じでした(爆)
    声が甘くてですね、こぉ鼻にかかった感じが、またいいわぁ♡
    ママと再会して「ママも僕を見捨てるんだね。」の号泣シーン。
    あそこで、号泣しながらも歌う姿には、もう言葉もありませんでした。
    可哀想すぎてもう観てられない!←観てるけど(爆)

    銃を渡されて、自殺するシーンでは、ちょっと笑ってんの?それ?
    なんかこぉ、もういいや、受け入れるよ、的な感じが切なかったなぁ・・・

    ★ルドルフ@京本大我さん
    京本政樹さんの息子さんだって??
    知らなかったんだけど、ジャニーズらしいですよ。
    ジャニーズって見たことなかったんだけど、素晴らしいですよ!
    1回は体調不良で休演されたんですが、その次見た時は、げっそりした感じが
    魂持っていかれた感があってゾクゾクしました(笑)

    歌もね、声楽とかしてたの?うまいですよ。
    歌手の歌い方だから舞台のとは違うのかもしれないけど、ブレないし
    演技だって、心が伝わって来た感じがしました。
    特に銃を手渡された時のためらい感と、そこから決意して死の接吻をするところ。
    えいや!って感じで飛び込んじゃったんだねー・・・もう戻れないよ?いいの?
    とか親の気持ちで見ちゃいました。(爆)

    棺に縋り付いてなくエリザ@お花様には毎回号泣しましたが、
    これも前シーンのルドルフあってこそ、なので、このお二人で観ることが出来てよかったなぁと思いました。

    あ、あとね。
    トートズと、ルドルフズで対象に踊るシーン。あれよいねぇ♡
    このエリザの中で唯一ミュージカルっぽくない?踊りがあるところが。(笑)
    もっと踊ってるとこ見たかったなぁ。
    こう考えると、ずっと踊りまくってる宝塚ってすごいんだよね・・・なんつって。(笑)

    ★ゾフィ@剣 幸さん
    宝塚では男役さんだったから声出るのかなーとか思ってましたが
    高音域が苦しそうでしたが迫力ありました(爆)
    怖いんだもん、ゾフィ(笑)
    若い姑ってやっかいだよねーみたいな典型に思えました(爆)
    でもね、なんというか自分を律している厳しさからの怖さって感じがしました。
    愛情があったと思うんですよねぇ。なんだかんだでうまくできてたかもしれんのに。
    エリザも頑固だったからねぇ・・・

    ★ゾフィ@香寿たつきさん
    こわーい!!!こわい!!!!
    ドスが効いてて(爆)歳を重ねたゾフィって感じ?(笑)
    「しきたり」「血筋」とかにすごいうるさい感じで、一筋縄じゃいかんぞ、このばあさん、って(笑)

    フランツを思って歌うシーンでは、どちらのゾフィも親の切なさが溢れていて、
    剣さんの方が回数が多かったのでイメージは剣さんなのだけど、もらい泣きしました。
    親って不条理な役割だなーとかね。(爆)

    ★子ルド3名
    おそらく1名ずつ違う人を見ることが出来たのではないかと。
    安定してますねー。子役さんって。
    なんだろ、こんな小さいのにこんなうまくていいわけ?みたいな感じで。
    今日見た松井くんって子役さんが、特に安定していたように感じました。
    少し他の二人よりお兄さんなのかな?


    あぁ、ここまで書いてて疲れました。
    本当は、他のキャストについても書きたかったのだけど。。。。
    パパや軍人役の方をはじめ、男性キャストの恐ろしくかっこいい歌声!
    なんじゃそのエロバリトンはー!!!と驚きです。
    未来さん、秋園さんはもう絶対領域でしょう。(爆)
    精神病院での真瀬さん、、、、持っていかれたね。うますぎでしょ。(爆)
    マダムヴォルフのコレクションたちのド迫力や
    黒天使の、煙のような、しなやかな動きと、若干不快な(笑)感じ。
    ミルクのシーンやドイツ帝国のくだり、あの迫力も好き。

    あぁ、もうぐったりです。

    でももう一回くらいみたいなぁ・・・・無理だろうなぁ・・・
    関連記事

    コメント

    Secret

    Twitter
    プロフィール
    つぐ&うみ

    つぐ&うみ

    最新記事
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    イカニモ会計事務所
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
    関連本&DVD
    検索フォーム
    このサイトを友達に教える
    ランキング
    お願い♪
    ↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    ブログランキング参加中!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。