スポンサーサイト

    --/--/-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    今年のおせち&大晦日の救急駆込み事件から思う事。

    2013/01/06 Sun

    寒い日が続いてますが皆様お風邪などめされてませんでしょうか?
    更新まばらなつたないブログではありますが本年もどうぞよろしくお願いいたします。


    新年一本目の更新はUがしてくれましたが、
    今回の年末年始は30日からUが熱を出し、大晦日に救急にタクシーで乗り付けるという波乱万丈な幕開け(^_^;)
    三が日は寝たり起きたりな感じで過ごしたけれど、元旦には一応お節をいただきました。(お酒はナシね)


    まずは今年のお節とお雑煮。






    迎春菓もいただきました♪



    今は熱は下がったけど全身の筋肉が落ちたのか、普通の生活をしてても疲労感が強いので徐々にリハビリといったところ。
    彼女はお正月なのにゴメンね、と何度も申し訳なさそうに言ったけど、
    私的にはむしろこんな時に仕事の心配をせずずっと彼女のそばにいれた事は良かったなぁ、としみじみ感じた次第でございます。





    今回、病院に行った時。
    救急に行くのが初めてでない私達は
    「関係を聞かれたらいとこって言おうね」
    と決めてたの。


    前に私が具合悪くてきた時、「ご家族ですか?」って聞かれて「いえ…」と真っ正直に答えたために、
    彼女は救急の外の待ち合いでずーっと1人ぽつんとで待たされて、その間、今どうなってるのかまったく知らされず、不安な気持ちを抱えて過ごしたから。
    →その時の日記【U編】【T編】


    今回、30日の夜に急に発熱が始まり、31日の朝になっても一向に熱が下がる様子もなかったのでインフルを疑って病院に電話。
    インフルの検査は24時間経ってないと出来ないと言われ薬も飲まない状態で安静にして夕方を待ち、
    やはり下がらないので病院に電話し救急へ。
    検査がどうあろうと、やっとなんらかの処置が受けられる、薬ももらえるだろうと急いで向かう。


    医療スタッフが
    「付き添いの方ですか?」

    キターーーッ!!!
    「はい、いとこです。一緒に住んでます」

    「ではこちらでお待ちください。」


    奥に連れて行かれる彼女と別れ、自動ドアくぐったところのベンチを案内される。
    そこに腰掛け、周りの案内表示など見て気付く。


    そこは救急センターの外、入院棟に上がるエスカレーターの前。
    先ほどくぐった自動ドアの横にはインターフォンがあり横の張り紙には
    「救急に御用の方以外は押さないでください」


    この自動ドア、こちらからは開ける事が出来ないんじゃん。
    締め出されたんだ、私・・。



    幸い自動ドアは半分はガラスになってるが、処置室は通路を曲がった先なので様子は伺えず。
    患者以外は皆こちらを案内されるのかな・・と思ったけれど、
    ガラスの向こうに母娘らしい2人が現れた。
    娘が診察を受けたらしく具合悪そう。いたわる様子の母。
    母、一緒に中にいるじゃん?
    未成年かもしれないけどオコサマって歳じゃない。高校生か大学生。


    ねえ、なに?
    私も一緒に診察に立ち会わせてくださいって粘れば良かったの?
    いとこではダメだったの?
    未成年じゃないから?
    でも実際、イイ歳の大人の女だしね。
    意識朦朧ってほどでもないしね。
    それぞれの病院がどういう基準で家族と付き添いと区別してるのか、対応ルールが決まってるのかもわからないしね。
    病院にルールがあるのか、それとも最初に対応した医療スタッフに判断は任されているのか?
    まあ、あんまりうるさい事言うと厄介扱いされるのもなんだし。
    重症ってワケでもないし・・いやでもそういう問題なのかな?


    そしたら彼女からメッセが。
    ホントは病院でソレはダメなんだけど(私も電源切ってなかった)状況がわかってホッとした。

    「鼻突っ込まれた(インフルの検査)。今待ち合いにいるの」

    彼女は検査後しばらく待たされて、
    インフルじゃないと判明、診察で結果を聞き、
    そのあと結構長く薬の待ち時間があり、
    その間彼女はずっと救急の向こうで、
    私は彼女からのメッセでしか状況を知ることはできなかった。


    薬の待ち時間はもう会えてもいいのにー。
    なんかちょっと不満。


    彼女がメッセくれてたから私は少し安心して指定されたベンチを離れ自販機コーナーでコーヒーを買ってちょっと暖を取ることもできた。
    でもそれは本来出来ていないハズのこと。


    今回はすっごい差し迫った状況ではなかったから怒りとか絶望感ってほどでもなくて、
    まあなんかちょっとモヤモヤする、くらいで終わってるんだけど、
    それでも色々考えたよね。
    別にね、特別扱いして欲しいワケじゃなくてさ、
    「親であっても配偶者であっても、お熱程度じゃウチの病院じゃ診察同席お断りしてるんですヨ!」
    って決まってるんなら文句は言わないの。
    ただ、不安なの。
    誰からも配偶者と認めてもらえる、そう扱ってもらえるのならこんなに不安にはならない。
    つい、考えてしまう。
    「付き添いの方ですか?」と聞かれたそのずっとずっと後ろにあるものとか。





    もし付き添いが男性だったら
    「ご主人ですか?」
    「ご家族ですか?」
    と聞かれたのかもしれない。
    そんな気がする、うん。すっごく。
    で、ハイと答えたら最も丁重な配慮ある形で扱ってもらえるんじゃないかしら。


    でも、年の差カップルでもない限り、私達は親子には見えないよね。
    養子縁組してたとしてもそれは自己申告しないとわからない。
    見た目的には友人同士か、兄弟姉妹?
    姉妹であっても前述の男性のケースよりは優遇されない気がする。
    モチロン、対応は病院や医療スタッフによるのかもしれないけど、
    可能性としてはやっぱり配偶者並みに扱ってもらえない可能性が高い気がする。


    関係性を尋ねられた時、身分証明の提示を求められない事を逆手にとって、
    いとこか姉妹を名乗ろうと思っていたのに、
    そもそも見た目で判断される可能性があるとしたら。


    もうハッキリと、
    「私達は同性愛者で彼女は長年連れ添ったパートナーです!親も兄弟もいなくて身内と言えるのは私だけです。
    あなたがそばにいて欲しい・そばにいたいと思う一番大切な家族、それと同等に扱ってください!」

    ってそのくらい言わなきゃ伝わらないのかなー。
    でも身内は他にいませんって言ったらソレは嘘になるしね。
    そんな重篤な状態でもないのにヒステリックな事をのたもうてモンスターなんとかになりたいワケでもなくて。
    (でもなぁ、すっごい大変な状態かどうかなんてこっちはわからないし、さ。)
    うーむ。


    いやまあ、大晦日とか正月とかもてんてこ舞いで仕事をされている医療スタッフ皆さんのそれどころじゃねぇ感もちゃんとわかってはおります。
    私達が病院にいる間も意識不明のおじいさんが運ばれて来てすごく慌ただしかったし。
    しちめんどくせえ事を喚いてお手を煩わせるのが目的ではないんでございます。
    むしろこんな年の瀬に具合なんか悪くして本当にすみませんでした・・。
    でも私達みたいなちっぽけな少数派にも、システマチック(この表現が適切かわかりませんが)で結構ですから対応できる形に医療現場が変わって行って欲しいと願ってやみません。


    お互いお財布に相手の名刺を入れ、
    何かあった時にはこの人に連絡してくださいって書いて持ち歩いてはいるんだけど、
    それだけじゃ足りないのかなって考えさせられる出来事でした。


    ああ、どうか、今年も健康に一年を過ごせますように・・(つД`)ノ
    関連記事


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check     

    コメント

    Secret

    Twitter
    プロフィール
    つぐ&うみ

    つぐ&うみ

    最新記事
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    イカニモ会計事務所
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
    関連本&DVD
    検索フォーム
    このサイトを友達に教える
    ランキング
    お願い♪
    ↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    ブログランキング参加中!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。