スポンサーサイト

    --/--/-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    観劇日記「ルドルフ ザ・ラスト・キス」by U

    2012/08/01 Wed

    こんばんは。
    暑すぎて、顔から肌色の汗を流し、鼻の頭に玉の汗を乗っけてるUです。
    あぁ、暑い…



    さて、先日「ルドルフ ザ・ラスト・キス」@東宝 を観てきました。
    あまりの歌の迫力に、かなり感激してしまいDVDが出たら買おうと心に決めました。

    そんな訳で、感動した気持ちを独りよがりに書き留めてみようと思います。

    あ、終わったとはいえ、ネタバレなので、続きを分けてかきます。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check
    今回の席は、なんと前から一桁台と最良席!
    こんないい席とれたことありません!
    今年の運はあと半分も残して使い切ったようです。(。-_-。)むー

    そもそもエリザベートが大好きなので、これを観ることにしたのですが、
    真っ赤なビロードの幕の向こうに広がるエリザの世界…

    楽しみすぎて気が遠くなりそうです\(//∇//)\(爆


    ーーーー
    rudolf_main4.jpg




    今回の演出は、フランツ役の村井國夫さんの強いご希望だとかで、
    デヴィット・ルヴォー氏の演出でした。

    これが、今まで観てきた舞台のどれとも違うような、おもしろい感じでした。

    なんていうのかな、
    そのシーン毎の主役にグッと寄り添っているというか魅せているというか…
    ググっと寄ってましたね。 (笑


    舞台装置がまたすごく凝ってて、中央の床が円形に廻るんです。
    同じく天井から円形に沿って、柱が降りてきたり、カーテンがつけられたり。
    円形に階段ができあがっちゃったり。ろうそくがぶわーって並んだり。
    最後なんて、円形に天井が斜めになったよ。お金かかってんなー。

    通常のエリザベートとは違い、
    この「ルドルフ ザ・ラスト・キス」は、皇太子ルドルフが歩む人生を観せるもの。

    皇太子が、パパン皇帝フランツ・ヨーゼフのやり方に反抗して口論するシーンからスタート。

    ルドルフが、パパンに反抗してか、プカプカタバコをふかし、服の前もはだけた、
    いわゆる不良ぶってる風の出で立ちで現れて、ケンカをふっかけます。

    「いつも僕の話を聞いてくれない!」的な。

    右手にタバコを持ち、時折ふかす仕草…似合ってない(爆)
    たぶん、ふだんタバコを吸わない方なのでしょう。似合ってませんでした。(笑)

    ルドルフは、パパンの政治のやり方が気に入らないんですね。

    でもね、僕ちゃん、そんな反抗的な態度で意見しても取り合ってもらえないのよ。
    もっと大人になりなさい、と言いたいわ、私。



    パパンは言います。「お前はお前の妻のことだけ考えればいい!」


    せやった!こんな僕ちゃんも結婚してたんやー!Σ(゚д゚lll) 驚きです。
    こんなはずじゃなかった、と思っていたのは、妻ステファニーのはず!
    愛のない生活の中、こんな男に…と思ってたのか、それでもまだ好きだったのか…

    現実を見るんだ!

    村井國夫パパ。登場が少なかったように思うのですが、もともとが存在感ある人だし
    そういうことでいいのかしら??

    そのパパンに反抗するルドルフは、匿名で新聞に自分の思いを書くのだけど、
    その詩人的な思想文に、相手も知らないのに、リスペクトするマリー登場。

    ほんと、夢見るように、匿名の君を思う姿は、まるで初恋する少女。

    そんなマリーとルドルフが出会ってしまうんだから運命って。

    魅力的な若い彼女が、匿名の自分をリスペクトする姿に、ついつい正体を明かしてしまうルドルフ。
    ばかなお坊ちゃん。

    ここら辺で、私、自分がルドルフをよく思っていないことに気づきました。(爆)
    井上さん、ルドルフファンの皆様、ごめんなさい。(。-_-。)

    いやね、とにかく甘ちゃんって感じなんですよ。奥さん。<違。

    ちょうど、エリザベートの中で
    エリザベートが各国を旅してまわってしまった時に、皇太子ルドルフは
    シシィを待っていたわけですが、そこの部分を抜き取った感じでしょうか。

    気持ちはわかる。シシィのような立派な母親を持ってしまった彼は
    民衆のために!と思ったのでしょう。それは本当の気持ちだったのでしょう。

    だけど、彼もマリーもわかっちゃいない。
    あなたたちは、本当の民衆ではない。お金持ちの同情心が入っていなかったかい?



    そんな中、皇帝フランツの片腕として、登場するのが
    大臣だったかな?首相だったかな?ターフェ。

    あれー?どっかで聞いた声だなぁと思ってたら、坂元健児さんじゃありませんか!

    劇団四季のライオンキングで、初代シンバをされた方だったはず。
    「かんけ~いないさぁ~♪」の声を今も忘れちゃいませんよ!!!!

    あの独特なハリのある声が、何となく悪役的な面によくあってる(笑)

    でも、彼は根っからの悪ではないようなんですね。
    ある意味本当に、皇帝フランツの片腕だったのでしょう。

    しかし・・・

    えらいガチムチにならはったな。。。( ̄ω ̄;

    歌声もいいし、ダンスも軽やか。でもガチムチ(笑)ちょっと笑えました。


    話を戻しましょう。

    マリーとかいう小娘に(笑)夫を取られた、奥様ステファニー

    また彼女の役がいいんです!

    最初は、そっけなく旦那にあしらわれるチョイ役?みたいな感じでしたが
    なんのなんの!がっつり見せてくれました!
    吉沢梨絵さんってこんなすごい人だったんだ!と感動(爆)

    遊びなさい、好きな娼婦と。でもそれで終わり。誰と寝ても変わらない、この事実だけは

    例え女がいたって遊べばいいでしょう。でも覚えていなさい!
    どんな女と一緒にいたって、私が妻よ!
    死んだら同じお墓に眠る!死んでも離れられないのは私!

    なんていう歌を熱唱されるんです。鳥肌立ちました。

    このステファニー、直接マリーに会いに行ったりもするんですね。

    小娘が、私たちは愛し合っている!というんですが、

    私たちは同じ日常の時間を重ねているわ

    重い言葉ですねぇ。涙をこらえる凛々しい姿がまたいい!
    彼女の歌声が頭から離れません。

    あとは、マリーが現れる前までルドルフがお気に入りだった娼婦ミッツィー。
    彼女もルドルフに翻弄されるわけですね。


    革命を始めようとする若者が集う新聞社のシーンでは、
    はっきりしようとしないルドルフに仲間が詰め寄るわけです。
    さぁ!はっきりした態度をとって!印を押せ!的な。

    そこでも、まだはっきりしないルドルフ。父上を裏切ることは出来ない的な。
    マリーまでもが、冷めた目で迫ってきます。

    そろそろ皇太子の真似ごとはやめて、本物の皇太子になったら


    そう、匿名で新聞に思想を披露している時は、ただの妄想。
    実際に革命を起こすというのは別なんですよ、おぼっちゃん。

    おぼっちゃんはもう1人の存在ではないのです。
    あなたの後ろには皇帝が、国があるのです。

    わかっとらん。わかっとらんよ!若造!


    そんな彼をうまい具合に影から見張りつつ、先手必勝を打つのが首相ターフェ。
    来たよ来たよ、坂元さん!

    歌え、踊れ、従順であれ!

    彼がまるで操り人形のようにルドルフを操るシーンなど圧巻。
    この人本当は現実でも腹黒いんじゃないの?と思わせる感じがいいです。(笑)

    かといって、私、ルドルフが嫌いなわけじゃないんですよ、たぶん(爆)

    ただのロマンスじゃない夢でもない あなたはそれ以上

    マリーとの思いあってのデュエットなんてハーモニーは素敵♪

    恋に生きるとこういうことになるのねぇ。。。。しみじみ。
    おばちゃんもう、そういう気持ちを忘れてしまったわぁ。


    そんな感じで、ただただ二人は恋に焦がれて黄泉の世界へと旅立っていくのでした。


    いやー、ほんと、ステファニーとターフェにやられた舞台でした。
    そういえば、一路さんをほとんど覚えていない・・・・( ̄ω ̄;スマン


    そんなわけで。
    2012年版のDVDが出たらぜひ購入しようと心に誓った次第です。


    あなたも恋に焦がれた気持ちを思い出したい場合は
    ぜひご覧ください(´ω`)
    関連記事
        

    コメント

    Secret

    Twitter
    プロフィール
    つぐ&うみ

    つぐ&うみ

    最新記事
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    イカニモ会計事務所
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
    関連本&DVD
    検索フォーム
    このサイトを友達に教える
    ランキング
    お願い♪
    ↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    ブログランキング参加中!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。