スポンサーサイト

    --/--/-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    この卯月、多忙につき。

    2012/04/24 Tue

    「4月に入ったら忙しくなって、一緒の時間が少なくなるよ。
    ごめんね、今からあやまっとくね」


    彼女からそう伝えられた3月。
    実際は3月も期末のため、彼女はメチャクチャ多忙で土日ずっと仕事だった。
    3月の土日は8日間。
    うち4日、彼女は仕事ででかけ、
    残り4日は家で仕事をしていた。


    私はそのあいだ、
    休日出勤をし、
    セミナーに3回参加し、
    残り4日は家で仕事をしている彼女の横で主人にまとわりつく猫のように過ごした。
    祝日の20日、その一日だけ一緒にでかけて梅を見て笑った。


    寂しくはなかった。
    平日の多くは
    彼女は夕食を作って私の帰りを待っていてくれた。
    専業主婦でもないのに
    私の帰る時間に料理ができあがるように
    できたてが食べられるように
    そうやって甘やかされていた私は
    家に着いてまだゴハンができてないと
    にゃーにゃー鳴いてクネクネ踊って、
    おなかすいたよーと訴えた。


    一緒に暮らしていたって必ずしも
    毎日一緒に食卓を囲めるワケじゃない
    毎日同じ時間に起き眠るワケじゃない
    生活サイクルがかみ合わなければ
    顔を合わせることもなく声を聞くこともなく
    つかの間のすれ違う時間も疲弊していれば楽しく過ごせるばかりではない。


    わかっている。
    お互い働いていればそれは当たり前の事、
    別に女同士だからじゃなくて普通の夫婦だってそんな家も多いのだけれど、
    うちはずっと、そんな奇跡的な絵に描いたような一緒の時間を過ごしていた。
    それは
    彼女が私に合わせ自分の仕事や時間をやりくりしていてくれたからで、
    それはとてもとても貴重で深い愛情で、
    彼女が相当にやり手だったのに他ならない。


    「4月以降、どうなるのかすごく不安だわ。
    大丈夫かしら。あなたはすごく寂しがりやだから」

    彼女はとても不安そうに何度も何度もそうつぶやいていた。

    「そうかなー?別に平気だと思うけど。
    だって1人の時に戻ったと思えばいいじゃない」

    私は実感わかなかくて、実際大したことでもないと思った。
    自覚はないけど私は哀れっぽい何かを醸し出してるのか?
    それとも彼女が心配性なのか。



    いざ、4月になって。
    彼女は土曜は朝からでかけていくようになった。
    平日、私は一人で夕飯を食べるようになった。


    正直、当初の数日は
    テーブルの上に食事の支度がしてあるのを見るのはむしろかえって「さみしい」以外の何物でもなかった。
    暗い家に帰りうさぎにただいまと言うのが苦痛だった。
    一人ならジャンクでももさもさ食べて済ませるのに、と思ったりもした。
    忙しい中、食事の支度をして出かけて行く彼女に悪いとは思いながらも。


    でも毎日疲れて帰ってくる彼女を見て少しずつ私の心持ちも変わった。
    頑張ってるんだなぁとしみじみ思った。

    「今日のゴハンはなんだろなぁ。
    今日は置き手紙になんて書いてるだろう?」

    遅く帰ってくる彼女と話す時間なんてなくなるかもと思ってたけど、
    短かい時間でも沢山話すし、
    家に着いてホッとしてる疲れ顔の彼女を玄関で迎える時、私もうれしい。
    土曜は私も何かしら充実感・達成感を得られるように過ごす事を心がけ、
    彼女に褒められたくて洗濯や掃除に精を出し、
    日曜は一緒に過ごせる!とばかりに色々連れ出してたら
    「ゆっくり一日寝て過ごす日が欲しいよー(;´Д` )」
    と言われ、これは反省。


    どうやら私達は小さなハードルを無事乗り越えたようだ。
    他の人から見たらなんだそんなこと、なのは重々承知だが、
    あらためて彼女のありがたさをかみしめる。


    付き合い始めから一緒に暮らしてからも、
    彼女はできるだけおうちゴハン作るようにしてくれている。
    それはまるで使命のように。

    「胃袋で(心を)つかむのよー!」
    と言う彼女に、

    「アタシそんなに単純でもないんだけどなぁ・・・少食だし、全然グルメじゃないから同じ献立が数日続いても飽きないクチだし(^_^;)」
    と心の中でつぶやいていた私。


    「たまには作らなくていいんだよ」と言うと
    「ヤダ!おうちゴハンの記録は、私達がこうやって毎日を過ごしてきたんだって記録でもあるんだから。」


    そうか。
    私達がおままごとのような、
    でも遊びじゃない、
    リアルな毎日を共に過ごしたという歴史、あかしでもあるんだね。
    まあ、確かに、
    料理上手をアピールというレベルではなくなってるよなぁ。
    もはやオカンの域(爆)
    それじゃ私は何を目指そうか・・・オトン・・である必要はないよね。とりあえず。(汗)



    私がさみしがりというのは半分当たっていて、
    でもさみしいから誰かと遊ぶというほどには社交的ではなくて、
    意外に一人でやりたい事も沢山あったという事を発見して、
    めでたく、2人の時間が減ることで気持ちが冷えていくのではという彼女の不安は杞憂に終わりそうだ。
    とりあえず新しい2人ライフはまだ始まったばかり。
    関連記事


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    コメント

    Secret

    お久しぶりです

    私も 朝ごはん 昼 お弁当 夜ご飯 と できるだけ うちごはん 作って 彼女と二人で 食べてます


    彼女さん 素敵ですね


    互いを 思い合う 先ずは 相手を 愛して 愛して 愛して


    ビアンライフについて 色々 悩まれたり 考えられたり しておられますが


    彼女さんと 二人なら

    なんだって 乗り越えられるでしょう


    何があるかわからない 先の事に 悩み 転ばぬ先の杖を探すより


    今 隣にいてくれてる彼女さんとの 穏やかな毎日を 有り難く噛み締めながら 過ごされてれば 将来的にも 幸せは そこにあるでしょう


    なんか 偉そうですよね 私の コメント

    Re: お久しぶりです

    おはようございます♪( ´▽`)
    チャン可愛さん、いつもコメントありがとうございます♪
    ホントに日々の感謝と愛情の表現って大事で偉大ですね!
    おうちゴハンもその一つ。
    私は料理ができないので他の事を・・なんて考えたりしています。

    本当に、彼女となら大抵の事は乗り越えられると思えます。
    病気に倒れても、失業しても。
    後はお金の事かなぁ・・なんて(^◇^;)

    お金に関してはFPの勉強で得た知識を拝借してエラそうな事も書いてますが、
    実際は普段の生活は結構ムダな出費も多くて大反省です。
    自分への戒めとして書いてるとこもあったり・・
    読む人が反面教師としてくれるように、
    私の全然堅実でなかった過去の失敗人生を書いてみてもいいかななんて思ってます。

    またつらつらと書いて行きますのでよかったらまたのぞいてくださいヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    顔を見るだけで

    こういう時、一緒に住んでいると良いですよね。
    帰ればとりあえず会えるからね(笑)

    短時間でも、帰って顔を見るだけで安心して、嫌なこともちょっと吹っ飛ぶ。自分も相方に随分救われました。うみこ姉さんも、つぐ姉さんがいるから仕事頑張れるんじゃないかなぁ!?

    落ち着いたら、ご飯食べましょう!
    (その様子は写真に記録してお互いの歴史を交錯させましょ♪←オシャレな感じ☆笑)

    Re: 顔を見るだけで

    うみこです。^^

    > こういう時、一緒に住んでいると良いですよね。
    > 帰ればとりあえず会えるからね(笑)
    >
    ほんと、ほんと。とりあえずいるもんね。(笑)

    > 短時間でも、帰って顔を見るだけで安心して、嫌なこともちょっと吹っ飛ぶ。自分も相方に随分救われました。うみこ姉さんも、つぐ姉さんがいるから仕事頑張れるんじゃないかなぁ!?
    >
    私も救われたけど、きっとつぐたんも、私に救われてるはず!!(笑)


    > 落ち着いたら、ご飯食べましょう!
    > (その様子は写真に記録してお互いの歴史を交錯させましょ♪←オシャレな感じ☆笑)
    >
    麗ン坊さんが「自分たちふたりがきちんと生活していた証」って言ってた言葉が
    すごく私の胸に響いたんだよ。^^

    誰に見せたいわけじゃなくて、自分たちがもしも家族にこの現実を知らせる時に
    男女ではないこの同棲状態で、きちんと互いを思いあって住んでいた、という証に
    なるんじゃないか、と本当に思ったの。
    だから私の写真は麗ン坊さんに感化されたのだ(笑)

    ほんと落ち着いたらご飯食べましょう!楽しみしてるね!( ̄∀ ̄*)

    No title

    お久しぶりです。
    読みながら、胸の奥がじん・・・となりました。
    つぐさんの思い、うみさんの思い、
    それぞれを想う気持ちが伝わってくるようで。

    私も、淋しがりやです。
    私は外での仕事は週1だけの在宅ワーカーなので、
    どちらかと言えば私が待つ生活。
    どちらかが忙しくなると、すれ違うこともしばしばですが、
    一緒に過ごせる時間が短くなるほど、濃密な時間になっていきます。

    > さみしいから誰かと遊ぶというほどには社交的ではなくて

    誰かと遊べば、さみしさが軽減するかというと、そうではないですもんね。
    空いた時間を埋めたところで、気休めにしかならなくて。
    「パートナーと この瞬間を共有できないからさびしい」だけであって
    ひとりでいるのがさみしいわけじゃないような気がします。
    ひとつひとつ、乗り越えていくたびに、おふたりの歴史が増えていきますね♪

    Re: No title

    ♪ねこ♪さん、コメントありがとうございます(*^。^*)

    新しいライフサイクルも一月が過ぎました♪
    彼女がいない土曜日の過ごし方もサマになって?きました(笑)
    一人で観たい録画や映画DVDを満喫したり、
    (元々彼女はじっと座って何か見続けるのが苦手でなかなか付き合ってくれないのです)
    心おきなく家の掃除と洗濯、この時期はカビ取り&予防に躍起になり、
    本や資料を床一杯広げてPC作業や勉強したり。
    (彼女がいると彼女も仕事資料を広げるのでせまいったらありゃしない)

    でも、それだけじゃなくて、
    彼女が新しい世界に飛び込んでそこで日々仕入れたネタを
    家に帰って聞かせてくれるのがとても楽しいです♪
    今まで興味を持ったこともないような話題で遅くまで2人で語ったり・・いい刺激になっています。
    そのうち愚痴も多くなるんでしょうけどね(^_^;)

    そして今月から、私も仕事の配置転換で急に忙しくなりました。
    来月試験もあってこれから日を追うごとにイライラ度が高くなっていくのは自分でも予想がついていて・・。
    彼女はどんなに忙しくても私に当たる事はないんですが、
    私は一番身近な人にワガママになってしまうタチなので、
    彼女に甘えられない中、私がどれだけ強くあれるか・・・これまた新しい試練です(-_-;)
    でも少しずつ、歴史を築いていけたらなって思います♪
    Twitter
    プロフィール
    つぐ&うみ

    つぐ&うみ

    最新記事
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    イカニモ会計事務所
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
    関連本&DVD
    検索フォーム
    このサイトを友達に教える
    ランキング
    お願い♪
    ↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    ブログランキング参加中!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。