FC2ブログ

    スポンサーサイト

    --/--/-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    今、考えてる事、徒然。

    2012/02/26 Sun

    最近、
    考えてはやっぱり諦め、といった事をぐるぐる繰り返してモヤモヤした状態が続いてます。
    将来の事について、ですが一つ考えると別の事にも思いが及んでなかなか考えがまとまらず・・。
    それを今日は書き出してみたので長くてとりとめないですが、
    お時間ある方はよかったらお付き合いくださいませm(_ _)m



    将来のことで、自分やパートナーが万が一の時(亡くなった時)に備える方法としては、
    以前ブログにも書いたけど↓
    スマートゲイのためのリスクマネジメントセミナー参加レポート【1】【2】【3】
    養子縁組や遺言、生命保険信託などの現行の仕組みを使って事前に手を打っておける事も多い。


    ただ、私は母親との関係がよろしくない。
    ずっと昔にカミングアウトして拒否されて以来、この話題はアンタッチャブル。→(過去の経緯)
    養子縁組は親の許可がなくても勝手にできるけど、今の親との戸籍から除籍する事になる。
    戸籍なんて住民票ほど使う事もないからそうそうバレないだろう・・なんて事はなく、
    人が亡くなった時には相続手続きで必ず戸籍を取り寄せます。
    つまり、平均余命からすると父が先に旅立ち、
    一人残された母が相続手続の際に娘に勝手に除籍されてたと知る・・
    今はまだちょっとできないな、と考えてしまう。


    遺言もしかり。
    作るのに親の了解はいらない。
    でもきっと裁判沙汰になってしまう。
    財産をどれだけパートナーに遺してあげられるかよりも、争う事による彼女の精神的負担の方が心配だ。
    多分、Uは相続放棄してしまうだろう。
    やはり無断でする事は今の私には出来ない。
    でもそれらはずっと先に、親が亡くなった後にならどうにでもできる。
    その時の切り札としてとっておく事に。
    まあ、今の私にとっては死後に遺すお金よりも生きてる間のお金の方が懸念事項なので、生命保険信託も含め保留。



    それよりも今、
    一番考えるのは自分が事故をして意識不明などで病院に担ぎ込まれた時の事。
    以前、私が夜間救急のお世話になった時があって彼女をとっても不安にさせた。→【U編】【T編】
    それ以降、機会あるたびに、
    2人で色んな事を想定して対策を話し合ったり、
    勉強のためセミナーなどに参加したり、
    相談出来るとこに行ってみたりした。
    それぞれ得るものは大きかったけれど、
    なんだかドンヨリ重い不安の雲がいつもどこかに潜んでいるような気持ちで晴れない。


    そんな大事故を起こす確率なんてそうそうないデショ~?なんて自分をなだめるのだけど、
    私は仕事でほぼ毎日、短時間だけど車に乗る。
    自分がどんなに注意深く安全運転しても避けられない事故はある。
    医療費は貯金で賄うつもりで貯めているので保険は心配していない。
    怖いのは自分がどうなるかという事ではなく、
    業務中の事故であれば必ず親に連絡がいくという事。


    地震で万が一の事があった場合もしかり。
    これの方が今は確率が高いかもしれない。
    会社は社員全員に安否確認し、万が一の場合は親に連絡する。
    一緒に暮している従姉妹がいると同僚には話していても、
    人事に提出する家族構成一覧・緊急連絡先にはさすがに彼女の名前は書けない。


    私の容体云々はおいといて、
    私のあずかり知らぬ所でお互いまったく面識のない彼女と親が鉢合わせする事を考えれば。
    過去ヘタにカミングアウトしてしまった経緯があるだけに「ただの友達です」とシラを切る事はおそらく容易ではない。
    親に言わずに一緒に暮らし、
    なおかつ2人暮しサイズの家に引っ越してしまった事
    (これはある裏技があって親は新住所は知っているが間取りは知らない)
    は、もし発覚したら重大な隠蔽として激しく責められるだろう。
    今になってこの事実が時限爆弾のようにジワジワと不安に感じられる。
    でも一緒に暮らした事を後悔はしていない。
    これは私がずっとずっと切望していた幸せのカタチだから。
    親との関係では得られなかった家庭の幸せなのだから。
    一生ムリかもしれないのに親に許される事なんて待ってはいられなかった。
    少なくとも、私は。


    現状一緒に暮していないカップルさんの中には、
    こういう周囲との事情のせいで一緒に暮らす事が叶わない人も多いのかもしれない。
    一緒に暮してればそれだけでなんだかエライ(?)スゴイ(?)ワケでもないし、
    経済的に自立してるから、なワケでもないし、
    すべての2人暮らしカップルが親にカミングアウトして受け入れられてるワケでもないのだと思う。



    そこで行き詰まる。
    結局、社会が認めてくれなくても親が味方についてくれればいいのではないか、と。
    やはりちゃんと、過去には失敗したカミングアウトをもう一度して、正直に・・と考えた。
    「カミングアウト・レターズ」をボロボロ泣きながら熟読したりもした。
    読むと自分の親もこんな風に受け入れてくれるのではないかと都合のいい妄想をしたりもする。
    でも、カミングアウトする前の関係性、言える下地を作っておかないと失敗の可能性が高まると考えると、
    すでに首の皮一枚でつながってるようなウチの場合、どうしたらいいのだろう。
    とりあえず言っちゃえば?当たって砕けろ!という風にも思い切れない。
    そこでまたふりだしに戻り、モヤモヤモヤモヤとしている。


    とりあえず、今すぐ出来ない事は保留!
    まずは今できる事を考えようと思います。
    最近そういう関連のセミナーに参加されたブロガーさんの記事がアップされたり、
    今日も今から参加する同性愛者のライフプランニング研究会でそれにまつわるお話が聞けそうで、
    続きでまた書こうと思います。
    今回はまとまらなくてゴメンなさい(>_<)
    こんなふうに漠然でも考えてる人って他にもいるのかしら・・
    関連記事


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    コメント

    Secret

    ツイッターでフォローさせてもらっている春河さくらと申します。

    私も彼女と暮らしていますが、互いの家族には親友ということで通します。
    関係は良好で、お互いの親と電話することもあります。

    ですが、いつくるか分からないイザというときがやはり不安です。
    23歳なので、遺産などの問題は先送りにするとしても、事故や大病を患ったときのことを考えるととても心配です。

    地方というか僻地のため、勉強会にも参加できない私たちですが、ネットを使っていろいろ学んでいきたいです。

    なにか情報があればぜひ教えてください。

    Re: タイトルなし

    さくらさん、コメントありがとうございます!(*^_^*)
    パートナーを娘同然に接してくれる家であっても、
    気になる部分って同じですよね。

    > なにか情報があればぜひ教えてください。
    今日たまたま参加した勉強会がちょっぴり雲が晴れるような内容でした!
    ブログに書いてもいいと了解いただいたのでまた書きますね♪
    「コレさえやっとけば万全!」なんて魔法の杖はモチロンないけど、
    少しヒントをもらえたような・・・そんな内容でした。

    一人で考えて煮詰まってたんですが、
    今日、同じくこういう事に関心ある他の人達と接することで、
    スッとラクになったと強く感じました。
    今度はブログを書くことで、私がそんな役目を少しでも果たせますように♪

    難しい問題ですよね

    前に、ツイッターでお話したことがありましたが、私も親へのカムアウトは全く考えていません。
    私は、今の彼女と一緒になるまで、親の精神的な支配を受け続けたアダルトチルドレンなので。
    条件付きでしか愛されなかった痛みと苦しみ、
    親が望むイイコに一生懸命なるから愛してほしいと願いながら育ってきた過去に、
    未だに苛まれるときがあります。

    お互い、それぞれの実家などで、お互いの親と顔を合わせたことはありますが、
    私の親は彼女を「仲のいい年上のお友達」と理解しているようです。
    彼女の親は、カムアウトしていないのにも関わらず、
    私のことを彼女に尋ねるとき「彼女は?」と言うらしいです。
    他の女友達のことは名前で呼ぶのに(笑)

    私たちは養子縁組の件については、やはり
    つぐさんが書いていらっしゃるような内容を話し合った結果、
    今の時点では考えるのをやめています。
    年を重ねていくうえでの生前贈与についても彼女は考えているようですが、
    まだ今の時点では何とも。
    将来的にどこかの施設に入るというようなことも視野にいれて
    今は情報収集&模索中です。

    Re: 難しい問題ですよね

    心の距離が離れている(それを親子関係が良くないと表現する人もいるでしょうが)から言えないのか、
    言えない事が多かったから疎遠にならざるを得なかったのか、
    私も時々考えます。
    私の場合は、遠く離れてからやっと自分の人生が始まったように感じてて、
    とっくの昔に親は死んでしまって天涯孤独のような気分で長く過ごしていたもので、
    今更いきなり関係改善、というのも非常に抵抗があるのも事実です。
    まだまだ模索中です(⌒-⌒; )
    Twitter
    プロフィール
    つぐ&うみ

    つぐ&うみ

    最新記事
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    イカニモ会計事務所
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
    関連本&DVD
    検索フォーム
    このサイトを友達に教える
    ランキング
    お願い♪
    ↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    ブログランキング参加中!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。