スポンサーサイト

    --/--/-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    もしもの時が来たっ!【U編】

    2012/01/22 Sun

    寒さが足元からやってきますね。みなさん風邪などひいてませんか。
    こんばんは。Uです。今日は、2年前のある夜のお話です。

    +++

    深夜近い時間。それはやってきました。

    T「うぅぅ・・・痛い・・・(T_T)」

    その日は、めったにない会社の飲み会で、私が遅くなった日でした。
    深夜近くに帰宅した私の前には、生理痛なのか、胃痙攣なのか、よくわからないですが
    とにかく痛そうに苦しんで、小さくなってる彼女の姿が!

    U「だっだいじょうぶ?!( ̄Д ̄;;」

    こんな時、聞くことしかできませんからね。悲しいけど。

    T「う・・・うん大丈夫。たぶん生理痛だし。(T_T;」

    本人は大丈夫だといいますし、時間的にももう病院は開いてないし、
    明日まだ辛かったら会社を休んで病院に行ってもらうことにして
    鎮痛剤を飲んで、とにかく布団に入って寝てもらうことになりました。

    が、

    T「・・・・うぅぅぅ・・・(T_T)」

    あれよあれよという間に、低い小さいうめき声が!

    はっとして隣をみると、脂汗を出して丸まって泣きそうになってるTの姿が!?

    えぇぇぇ!!!∑( ̄Д ̄;ソンナニ!?

    もう急激な展開にビビりまくり「病院行く?!( ̄Д ̄;」と聞くも

    T「救急車ヨブホドジャナイ・・・生理痛ダシ・・・ア゛ザマデガマンスル・・・(T。T)」

    とか、我慢する彼女。

    そうよね、大人だもんね。
    生理痛で救急車呼ぶのも気が引けるわよね・・・

    ってそんなとこで、大人ぶってんじゃないわよーっ!( ̄Д ̄;

    ということで、救急車呼ぶ前に「♯7119 救急相談センター」へ連絡して
    どうすればいいか、指示を仰ぐことにしました。



    #7119とは・・・
    急な病気やケガをした場合に、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」、「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」など迷った際の相談窓口として、「東京消防庁救急相談センター」を開設しています。
    東京消防庁救急相談センターでは、これらの相談に相談医療チーム(医師、看護師、救急隊経験者等の職員)が、24時間年中無休で対応しています。


    私は、仕事柄、この番号の存在を知っていたのですが、みなさんもぜひこの機会に、「♯7119 救急相談センター」を電話帳にご登録ください。



    U「あの、、、3〇歳、女性ですが、午後10時くらいから急な腹痛で苦しんでいます。
    生理中なので、鎮痛剤でしばらく様子を見ていましたが、今また痛みがひどくなったみたいで、脂汗が出始めてます。救急車を呼ぼうかと思ったのですが、どこか深夜診療している近い病院にいった方がいいんでしょうか。」

    といった内容を説明しました。センターの女性は

    救セ「そうですね、症状からだと、、、、(省略)ですので、救急車を呼ぶよりも、近くの病院を調べますので、タクシーで夜間受付に行っていただいた方がいいと思います。」

    ということで、近くの救急指定病院を2件ほど紹介してもらいました。

    念のため、それぞれの夜間救急窓口に確認の電話を入れることにしましたが、
    運よく、1件が比較的近い場所にあったので、事前に電話連絡をいれ(これ重要)、
    保険証とお金(数万円)を握り、タクシーを拾い救急病院の夜間受付へ向かいました。


    +++


    夜間受付では、事前に連絡を入れていたので夜間受付窓口で名前を告げるとすぐに
    看護師さんが迎えに出てくれました。

    看「ご家族の方ですか?

    とーぜんですが、聞かれました。

    U「いえ、違います。一緒に住んでいますが、家族ではありません。

    看「そうですか、では、そちらの待合室でお待ちください。」


    看護師に抱えられながら、ドアの向こうに消えていく彼女の後姿が印象的でした。


    待合室には誰もおらず、ひんやりしたビニール製のソファーが薄明るい蛍光灯の下に
    あるだけの無機質な部屋。

    雑誌があるわけでもなし、その当時は、TwitterもiPhoneもなかったのもあり、
    ひとりで、携帯からを眺めながらmixiに寂しくつぶやいていたのを思い出します。

    あまりにも長い時間そこにいたような気がして、じっとしているのもつらく
    何度も待合室から、外へ出て、誰もいないくらい病院内をてくてく歩いたり

    夜間受付の警備員のおじさんと
    「まだですかね・・・?」「お待ちください。」
    などと、無機質な会話を繰り返したり。


    その後、しばらくすると、救急車の音が近づいてきて、バタバタと外が騒がしく
    なってきました。
    ガラガラ、と待合室の扉があいて、年配の男性が入ってきました。

    重苦しい空気と時間が流れた、その数分後、

    看「〇〇さんのご家族の方?」

    と、その年配の男性を連れて出て行ってしまいました。







    その時初めて気づきました。

    そうか、家族じゃないから、放置されてるんだ。。。


    愕然としました。


    「家族じゃない」


    ただ、それだけで、一度も呼びに来てもらえないんです。
    どうなってるかも、教えてもらえないんです。

    もしかしたら、忘れられて彼女は帰されて、放置されちゃうかもしれない。

    そう思うと急に心細くなってきました。
    じっとしてられなくて、数分おきに待合室から出たり入ったりを繰り返しました。

    もう朝になるんじゃないかと思うくらいの時間が経ったころ
    (実際には、2時間もたってないんですが。)待合室のドアが開いて、彼女が顔をだしました。

    すでに処置は終わり、清算も済ませた彼女が、自分で私を呼びにきてくれました。


    彼女の血の気がもどった顔をみて、ほっとしましたが、
    本当にほんとうに、この2時間の長かったこと!!本当に長かったです!


    この後、改めて彼女は病院に行き、治療を受け一段落しましたが、
    お互いにこの時のことを教訓に、養子縁組のことや遺言書のこと なんかを考え始めたんですね。

    このブログにきっかけになっている一部かもしれません。


    万一の時のことは、万一になってから考える ことが多いですが
    これを読んでくれた方が、ちょっと話し合うきっかけになってもらえたらな、と思います。


    そんなある夜のお話でした。by U
    関連記事


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check     

    コメント

    Secret

    怖いです

    病院で待っている間の2時間・・・とても心細かったことでしょうね。
    無事回復されて、良かったですね。

    この記事、もしも自分達に起こった出来事だったらと思うと、とても怖くなりました。
    私たちは二人とも結石持ちなので、石が動き出せば脂汗に嘔吐に・・・ってことは、たまにあります。
    今まで病院に行ったことはありませんが、これから更に年をとっていくことを考えたら、怖いです。
    この先、こういう可能性はいつか必ず起こりうることなので、常に対策は考えておかなくてはいけませんね。
    パートナーとも話し合ってみます。
    きっかけをありがとうございました。

    Re: 怖いです

    文字化けしてしまってたみたいで、ごめんなさい。
    改めて返信しますね。

    ありがとうございます。^^
    ほんとうに、あんなに長い2時間はなかったです。

    お二人とも体調が優れないとなるといろいろ大変ですね。
    でも、同じ痛みがわかるのであれば、心強いのかも、ですね。

    病院はぜひ近々行ってみてください!
    せっかく保険証を持っているのですもの、権利です(笑)

    考えるきっかけになってくれたのでしたら、幸いです。
    ぜひお二人末長く健康にお幸せに!!


    > 病院で待っている間の2時間・・・とても心細かったことでしょうね。
    > 無事回復されて、良かったですね。
    >
    > この記事、もしも自分達に起こった出来事だったらと思うと、とても怖くなりました。
    > 私たちは二人とも結石持ちなので、石が動き出せば脂汗に嘔吐に・・・ってことは、たまにあります。
    > 今まで病院に行ったことはありませんが、これから更に年をとっていくことを考えたら、怖いです。
    > この先、こういう可能性はいつか必ず起こりうることなので、常に対策は考えておかなくてはいけませんね。
    > パートナーとも話し合ってみます。
    > きっかけをありがとうございました。
    Twitter
    プロフィール
    つぐ&うみ

    つぐ&うみ

    最新記事
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    イカニモ会計事務所
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
    関連本&DVD
    検索フォーム
    このサイトを友達に教える
    ランキング
    お願い♪
    ↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    ブログランキング参加中!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。