スポンサーサイト

    --/--/-- --

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check

    今、考えてる事、徒然。

    2012/02/26 Sun

    最近、
    考えてはやっぱり諦め、といった事をぐるぐる繰り返してモヤモヤした状態が続いてます。
    将来の事について、ですが一つ考えると別の事にも思いが及んでなかなか考えがまとまらず・・。
    それを今日は書き出してみたので長くてとりとめないですが、
    お時間ある方はよかったらお付き合いくださいませm(_ _)m



    将来のことで、自分やパートナーが万が一の時(亡くなった時)に備える方法としては、
    以前ブログにも書いたけど↓
    スマートゲイのためのリスクマネジメントセミナー参加レポート【1】【2】【3】
    養子縁組や遺言、生命保険信託などの現行の仕組みを使って事前に手を打っておける事も多い。


    ただ、私は母親との関係がよろしくない。
    ずっと昔にカミングアウトして拒否されて以来、この話題はアンタッチャブル。→(過去の経緯)
    養子縁組は親の許可がなくても勝手にできるけど、今の親との戸籍から除籍する事になる。
    戸籍なんて住民票ほど使う事もないからそうそうバレないだろう・・なんて事はなく、
    人が亡くなった時には相続手続きで必ず戸籍を取り寄せます。
    つまり、平均余命からすると父が先に旅立ち、
    一人残された母が相続手続の際に娘に勝手に除籍されてたと知る・・
    今はまだちょっとできないな、と考えてしまう。


    遺言もしかり。
    作るのに親の了解はいらない。
    でもきっと裁判沙汰になってしまう。
    財産をどれだけパートナーに遺してあげられるかよりも、争う事による彼女の精神的負担の方が心配だ。
    多分、Uは相続放棄してしまうだろう。
    やはり無断でする事は今の私には出来ない。
    でもそれらはずっと先に、親が亡くなった後にならどうにでもできる。
    その時の切り札としてとっておく事に。
    まあ、今の私にとっては死後に遺すお金よりも生きてる間のお金の方が懸念事項なので、生命保険信託も含め保留。



    それよりも今、
    一番考えるのは自分が事故をして意識不明などで病院に担ぎ込まれた時の事。
    以前、私が夜間救急のお世話になった時があって彼女をとっても不安にさせた。→【U編】【T編】
    それ以降、機会あるたびに、
    2人で色んな事を想定して対策を話し合ったり、
    勉強のためセミナーなどに参加したり、
    相談出来るとこに行ってみたりした。
    それぞれ得るものは大きかったけれど、
    なんだかドンヨリ重い不安の雲がいつもどこかに潜んでいるような気持ちで晴れない。


    そんな大事故を起こす確率なんてそうそうないデショ~?なんて自分をなだめるのだけど、
    私は仕事でほぼ毎日、短時間だけど車に乗る。
    自分がどんなに注意深く安全運転しても避けられない事故はある。
    医療費は貯金で賄うつもりで貯めているので保険は心配していない。
    怖いのは自分がどうなるかという事ではなく、
    業務中の事故であれば必ず親に連絡がいくという事。


    地震で万が一の事があった場合もしかり。
    これの方が今は確率が高いかもしれない。
    会社は社員全員に安否確認し、万が一の場合は親に連絡する。
    一緒に暮している従姉妹がいると同僚には話していても、
    人事に提出する家族構成一覧・緊急連絡先にはさすがに彼女の名前は書けない。


    私の容体云々はおいといて、
    私のあずかり知らぬ所でお互いまったく面識のない彼女と親が鉢合わせする事を考えれば。
    過去ヘタにカミングアウトしてしまった経緯があるだけに「ただの友達です」とシラを切る事はおそらく容易ではない。
    親に言わずに一緒に暮らし、
    なおかつ2人暮しサイズの家に引っ越してしまった事
    (これはある裏技があって親は新住所は知っているが間取りは知らない)
    は、もし発覚したら重大な隠蔽として激しく責められるだろう。
    今になってこの事実が時限爆弾のようにジワジワと不安に感じられる。
    でも一緒に暮らした事を後悔はしていない。
    これは私がずっとずっと切望していた幸せのカタチだから。
    親との関係では得られなかった家庭の幸せなのだから。
    一生ムリかもしれないのに親に許される事なんて待ってはいられなかった。
    少なくとも、私は。


    現状一緒に暮していないカップルさんの中には、
    こういう周囲との事情のせいで一緒に暮らす事が叶わない人も多いのかもしれない。
    一緒に暮してればそれだけでなんだかエライ(?)スゴイ(?)ワケでもないし、
    経済的に自立してるから、なワケでもないし、
    すべての2人暮らしカップルが親にカミングアウトして受け入れられてるワケでもないのだと思う。



    そこで行き詰まる。
    結局、社会が認めてくれなくても親が味方についてくれればいいのではないか、と。
    やはりちゃんと、過去には失敗したカミングアウトをもう一度して、正直に・・と考えた。
    「カミングアウト・レターズ」をボロボロ泣きながら熟読したりもした。
    読むと自分の親もこんな風に受け入れてくれるのではないかと都合のいい妄想をしたりもする。
    でも、カミングアウトする前の関係性、言える下地を作っておかないと失敗の可能性が高まると考えると、
    すでに首の皮一枚でつながってるようなウチの場合、どうしたらいいのだろう。
    とりあえず言っちゃえば?当たって砕けろ!という風にも思い切れない。
    そこでまたふりだしに戻り、モヤモヤモヤモヤとしている。


    とりあえず、今すぐ出来ない事は保留!
    まずは今できる事を考えようと思います。
    最近そういう関連のセミナーに参加されたブロガーさんの記事がアップされたり、
    今日も今から参加する同性愛者のライフプランニング研究会でそれにまつわるお話が聞けそうで、
    続きでまた書こうと思います。
    今回はまとまらなくてゴメンなさい(>_<)
    こんなふうに漠然でも考えてる人って他にもいるのかしら・・


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check
    スポンサーサイト

    彼女との同棲と親へのカミングアウト。

    2011/04/23 Sat

    最近、会社の先輩の中で、
    母親と数歳しか違わないお姉様と特に仲良くなりました。
    来年定年退職が決まっている団塊世代のお姉様。
    息子さんが私と同い年。
    娘のような気持ちで接してくれているのか、よくお茶や飲みに誘ってくれたり、色んな話をします。
    私もわからない事をよく聞いて頼りにさせていただいています。


    先日、
    そのお姉様と上司と飲みがあった時、上司の前で
    「私が辞めた後、私の担当先は◯◯さん(私の名前)に引き継いで欲しいと思ってる。希望が通るかは別として私の気持ちはそう。」
    そう言って下さって、
    もうその気持ちだけで涙が出そうになるくらい、勿体無くて嬉しかった。
    やっぱり親子くらいの歳の差、価値観や気が合うところがあるのかなぁなんて最近特に思ったりもします。


    で、自分の親に思いが巡ったのですが。
    私は大学生の頃、(15年以上前)母親にカミングアウトして失敗した経験があります。
    WHOの国際疾病分類から同性愛の項目がなくなったのは90年から…
    (日本の精神医学会の判断では95年から)
    という背景から見ても、
    同性愛は長らく精神疾患や異常性癖、一時の気の迷い、と捉えられていて、
    母親世代なんかはまだまだそんなイメージが強いのだと思います。
    女性が恋愛対象だと打ち明けてからしばらく経った時に言われた言葉が、


    「いつまでもそんな事(女性が好きなんて事)言ってないで…」


    その言葉からも一過性のものだと思っている、
    または思いたいという母親の気持ちが垣間見え、
    それ以来、今でも私と母親の間ではセクシャリティに関する話題はアンタッチャブルです。
    父親には話していないし、
    カミングアウトした事すらなかった事になっています。


    私が社会人になり、
    まだ地元に住んでいた頃、
    築年数が古い代わりに家賃が安くて広い家に私が借りて昔の彼女と住んでいて、
    私が留守中にそこに母親がたまたま訪ねて来て風呂上がりの彼女と鉢合わせ。


    「アンタ誰?!なんでここにいるの?!」


    慌ててドアを閉めた彼女をドアをドンドン叩いて騒いだという修羅場が。
    帰宅し事情を聞いた私が実家に電話をかけ、
    「友達が遊びに来てたんだよ。私が帰りが遅いから鍵を渡してただけ」
    と言っても全然耳を貸さず、


    「誰を勝手に家にあげてるのか知らんけど、そんな勝手な事をするんならアンタの保証人には今後一切ならんよ!」


    それから数年、私が転勤で地元を離れてからは音信不通の期間が続きました。
    その間何度か私から電話しましたが、
    「何の用?!」
    とイキナリ喧嘩腰ですぐ電話を切られたり。
    やっと普通にやりとりをするようになったのは4年前。
    祖母の七回忌に帰省したのがきっかけでした。
    今では普通に電話やメールのやりとりをしていますが、やはり2人で暮らしている事は告げぬままです。


    確かに、
    子供が住む家と思って保証人になって借りた家に勝手に人を連れ込んで、というのは重大な裏切りかもしれないと自分の考えの甘さに反省もしました。
    私はわりと従順な娘だったので母親には許し難い事だったと思います。
    家賃をちゃんと払っている立派な大人なのにそこまで干渉される必要はない、等色々ご意見もあると思います。
    実際、自分の住む家にパートナーがやってくるというカタチで親に言ってないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。
    でも母親の考えはそうであり、変える事は難しい。
    しかし、遊びに来ただけ、という(実際は違うけど)言い訳にも耳を貸さず関係断絶されたのは本当に痛かった。





    ここまで読んで、
    あれ?2人は一緒に住んでるんじゃなかったっけ?
    親にはなんて言ってるの?
    だって家を借りるには保証人が必要で普通親に頼むよね?
    と思った方もいらっしゃるかもしれません。
    実は、彼女はご両親に私と同居している事は話しているのですが、
    (カミングアウトした訳ではなく友人として)
    私は両親に話していません。


    彼女と暮らす前に友人とルームシェアしたい、と母親に話をしてみた事があるのですが、
    その激怒り、猛反対具合は過剰でした。


    「どうしてそんな事しなくちゃいけないの?
    東京の家賃が高くて自分で払えないのなら、それは自立してないって事なんだから帰ってきなさい!
    そんなための保証人になんか絶対ならないからね!」


    過去にカミングアウトした事、前の彼女との経緯、が余計に過剰な反応を引き起こしてるのでは…と思いもしますが、
    原因がなんであれ、
    ともかくルームシェアは大反対!な状態で、二度ほど話をふってみましたが、
    二度目には「くどい!前にも言ったでしょ!」と一喝されました。


    そんなわけで、
    いったんは私が住む一人暮らしサイズの家に彼女がくるカタチで同棲を開始。
    ちょっとした事情というか、カラクリがあって、
    引越した事を隠すとかじゃなく(そんな事したら宅急便や郵便物が不着になった時にバレて大問題になっちゃう)、
    去年の秋には2人暮らしサイズのおうちにお引越しできたのですが、
    もし、東京に大きな地震が来て今の家に住み続けられないようなことになったら…
    再び2人暮らしサイズのおうちを借りるのはムリだろうな・・と考えたりします。


    今、東京にも直下型地震がくるのでは、なんて話が広まっていて、
    もしそうなったらどうしようか不安になったりします。


    親世代、
    お姉様の事もあってやっぱり気が合う世代かもという気もする。
    でも、相入れない考え方の壁もあるようにも思う。
    ちなみにお姉様の担当顧客でドラッグクイーンかニューハーフだかわからないけどセクマイ的な方がいて、お姉様はその方をあまり良くは思っていません。
    私の母親が何年もかけた私からのアプローチをどうしても受け入れてくれないのは、
    一概に世代のせいじゃなく性格や、生きて来た環境に培われた価値観の問題もあるのだけど・・。
    もう一度、ちゃんと話をする機会を持つべきなのでしょうが、また数年音信不通になったら辛い、と思うと、なかなか言い出せず今日に至ります。
    そして、カミングアウトする事で苦しめてしまう、
    私の自己満足なのではないかと思うとなかなか難しい。


    自分の生きたい生き方を貫くには、
    いずれ向き合わなくてはならないことかもしれない、親へのカミングアウト。
    まだまだ私の中で答えは出ぬままです。


    お願い♪↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ

     ブログランキング参加中!

    Check     
    Twitter
    プロフィール
    つぐ&うみ

    つぐ&うみ

    最新記事
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    イカニモ会計事務所
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク
    関連本&DVD
    検索フォーム
    このサイトを友達に教える
    ランキング
    お願い♪
    ↓クリックして♪(*´人`*)して♪
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    ブログランキング参加中!




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。